FC2ブログ

長谷川仁美

プロフィール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長谷川仁美

長谷川仁美


学歴
2016~ ウィーン美術アカデミー、博士課程在籍中
2012 香港城市大学 スクールオブクリエィティブメディア 博士課程 香港政府奨学金制度 (2014年中退)
2008 慶応大学大学院 美学美術史学専攻 アートマネージメント分野 修士課程
2005スウェーデン国立美術デザイン大学 (Konstfack) キュレーターラボ ポストグラデュエイトコース修了
2005スゥエーデン国立近代美術館(モダーナミュゼ)インターン


職歴など

2015 社会と芸術フォーラム 運営委員
2013 Re:d レジデントキュレーター、東京
2011~ ラッカウスカンパニー ディレクター
2010~2011 文化庁新進芸術家派遣プログラム アジアアートアーカイブ香港 ゲストリサーチャー
2009~2010 横浜国際映像際 CREAM アシスタントキュレーター
2006~現在 MIACA 美術映像アーカイブ主宰
2005  ストックホルム国立近代美術館 インターン
2005  LUX(ロンドン) インターン
2000~2004 work-in-progress (美術展企画)
1997~ 現在 昭和40年会マネージャー
1994~2000 メリディアンVATリクレイムジャパン AIS (共にアドバンテッジグループ)勤務

企画した主な展覧会とプログラム


2016
瀬戸内国際芸術祭, 男木学校@梅乃屋旅館, 香川
Invisible Cities, Dallas Contemporary, (ゲストキュレーター)ダラス、アメリカ合衆国、 Chim↑Pom, 竹内公太、高嶺格、ミン・ウォン、ホーツーニェン、イム・ミヌク etc..
2015
Gender, Genitor, Genitalia -Rokudenashiko Tribute, Woofer Ten, 香港
会田誠, Ling and Comma (Ling Gao and Elaine Ho), Michael Leung, Phoebe Man, ROBOT (John Miller and Takuji Kogo), ろくでなし子, Lam Hoi Sin, スプツニ子! , 鈴木涼子、 Yuk King Tan, Chan Mei Tung, K Y Wong

Feminism Revisited (film screening), Asian Film and VIdeo Art Forum, MMCA, National Museum of Modern and Contemporary Art, Seoul, Korea,
And The Story Goes (FIlm screening) Wing Platform, Chai Wan, Hong Kong

2014
Comparing Experimental Cinemas, symposium and screening, Sristi Art School, バンガロール、インド
It's a Sunny Day, screening, Oil! Street Art Center, 香港, Yutaka Tsuchiya,Hikaru Suzuki, Keiichi Miyagawa etc.
2013 
瀬戸内国際芸術祭 男木島 PSS40プロジェクト
中国現代美術事情 シンポジウム フィリップティナーリ、ザンウェイ、コリンチネリー、スンシュンほか 福武ハウス、小豆島
Once was Now, Now is Over, Yet will Come.. Platform China Hong Kong 八木良太、飯川雄大
2011〜現在 
ミアカトーク 田村友一郎、コンスタント・デュラート、増本泰斗、インティ・グエレロほか
2011 
ウィアーボーイズ! クンストハーレ デュッセルドルフ、ドイツ
ウィアーボーイズ! アルセナル、キエフ国立現代美術館、ウクライナ、
2010  
ロッテルダムフィルムフェスティバル  スクリーニングプログラム
オーバーハウゼンフィルムフェスティバル スクリーニングプログラム
Speed Show フレッシュサイバーカフェ、香港 コリー・アルカンジェル、キャンディファクトリー他
Can’t Go On Like This! Roof top of MAP Office, 香港

2009 
オーバーハウゼンフィルムフェスティバル スクリーニングプログラム
The Heart is a Lonely Hunter –works from IAS Media ザイム、横浜
Once, There was the sea, The Creative Space 9001, 横浜
Early Heaven –from Nanjing, Tokyo and Helsinki, 別府プロジェクト、別府、横浜

2008 
Compendium IASMedia/Insa Art Space, Seoul スクリーニングプログラム
NOBODY’S HOME at Yokohama Art & Home Collection, 横浜住宅展示場、横浜
A Crime Against Art -unitednationsplaza、ザイム 横浜、(レクチャー)東京芸術大学 北千住
i. MIRROR by China Tracy –Cao Fei, ZAIM 横浜
Look What They Done To My Song –Michael Curran exhibition, ZAIM 横浜

2007
O.V.L 2 video library and exhibition, ZAIM 横浜
 Second Planet, Adrian Paci, An Jungju, Koichi Tabata, Mayumi Kimura, Cao Fei, Song Dong, Zhu Jia

MIACA@LUX lecture and screening program/ Compendium, LUX ロンドン, H-I-T ヨーテボリ、スウェーデン
YOUNG-HAE CHANG HEAVY INDUSTRIES –NIPPON, ZAIM 横浜
infinity Mai Yamashita + Naoto Kobayashi, ZAIM 横浜

2006  
Paul Chan -Now Let Us Praise American Leftists, ZAIM 横浜
Welcome to the Real World!
    talk + screening series/ Bankart NYK, 横浜 Hanne Mugaas, Paul Willemsen, Lars Nilson,
Stockholm Syndrome ZAIM, Yokohama
     Eija-Liisa Ahtila , Chris Burden, Thomas Demand, Stan Douglas, Renée Green, Johan Grimonprez ,      Abigail Lane, Shirin Neshat, Ricardo de Oliveira, Julia Scher, curated by Mans Wrange

2005
No Ordinary   彫刻美術館 ストックホルム、スウェーデン
アーティスト/リサ・ハーレブ、サラ・オッペンハイマー、岡田裕子、折元立身、アルムート・リンク

Hyper Commercial!  ストックホルムマッサン、スウェーデン
アーティスト/ラルス・ニルソン、アレン・ギンズバーグ、アレサンドラ・ディ・ピサ

2004
Please disturb!  スヴェンスカ・フォーラム、スウェーデン

2004
Light Works  アップリンクギャラリー 東京  

2003
Moving Japanese  カルチャーヒューゼット、ストックホルム スウェーデン
アーティスト/池田光宏、タムラサトル、増山士郎、三田村光土里

Art Machine Project  ナディッフ、 東京  Yoke and Zoom個展

2002
Young Swedish Artists' Video works  森アートセンターZONE、 東京
アーティスト/ヨハンナ・ビリング、アニカ・ストロム他

2001-2002 trick or treat?  Nope, 青山晶アート前駐車場、東京 / フィルムフォーラム、ストックホルム
アーティスト/ヤン・フードン、ツオモ・タンメンパ、開発好明、マーク・ルイス、ウエン・フェン他

2001 What's the difference between...?  クンストブエロ、クンストハーレ8、フューチャーガーデン、ウイーン、オーストリア
アーティスト/ザ・ビークル、藤原隆洋、増山士郎、三田村光土里、山内崇嗣

The Breathing Room -呼吸する部屋   東京都写真美術館 東京
パトリシア・ピッチニーニ個展

Media-Dominated World   サーチアンドサーチ、東京
増山士郎個展

REBOUND   横浜美術館 神奈川
アーティスト/マーティン・オステリダー、クリスチャン・ティッケルト、アルムート・リンク

2000   
昭和40年会 in Osaka   児玉画廊、大阪
会田誠、有馬純寿、大岩オスカール幸男、小沢剛、パルコキノシタ、土佐正道、松陰浩之

1999   
晴れたり曇ったり 昭和40年会   ナディッフ、東京 / dot、名古屋

1997-1999 The Voices from Tokyo 昭和40年会  ガレリア・メトロポリターナ・デ・バルセローナ、バルセロナ、スペイン / ギャラリーエスパース・フロン、ローザンヌ、スイス / ACC ワイマール、ドイツ / 現代美術製作所、東京


執筆
"Gender, Genitor, Genitalia -Rokudenashiko Tribute" GGG Executive Committee, 2015
"The Group 1965 -We Are Boys!" Kunsthalle Dusseldorf, 2011
Kunstlerhaus Bethanien Internationales Atelier Programm catalogue 2010/2011
ZAIM Yokohama City (article) 2010
The Creative Space 9001 (article) 2010
“Deep Images :Why we need images to live?” Film Art Inc., 2009
“Art Initiatives: Communicative Infrastructure” BankArt1929 2009
“Publicness in Art –How to Reorganize Museums and Cultural Facilities in Japan?” Keio University Art Center 2007
"BE" Kunstlerhous Bethanien summer 2005
"Shiro Masuyama -King of mischief"
"The Home Maker" Project of Jeanie Finlay catalogue
"Please Disturb!" Exhibition Catalogue Svenska Forum
“What's the difference between...?” exhibition catalogue 2001
“rebound” exhibition catalogue 2001
“The Group 1965” Mitsumura Printings 1998



講義
香港城市大学
香港中文大学
創形美術学校
京都造形大学
美学校
武蔵野美術大学 
東京芸術大学
東京大学
Konstfack
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/11/17(日) 16:34:18|
  2. curator, archivist, MIACA, 昭和40年会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。